奥会津三島町での日々

噛めば噛むほど美味しいスルメのような魅力を持つ奥会津三島町の暮らしや協力隊活動の様子を書いてゆきます。

川霧

尾瀬を源流とする只見川沿いにある三島町では、川霧がよく見られます。

f:id:okuaizumishimamachi:20190612154405j:plain

 

川霧は寒暖差が激しいとき、雨上がりなど気象条件がそろうと発生しますが、梅雨から初夏にかけての今時期は特に多く見られるそうです。

f:id:okuaizumishimamachi:20190612155607j:plain

 

雨上がりは川も山も深呼吸しているように、霧が発生し幻想的な風景が広がります。

f:id:okuaizumishimamachi:20190612155129j:plain

 

 そして、毎回違う景色、刻々と変化していく様子に心奪われます。

 

 

工人まつり

6月8日・9日(毎年6月の第二週目の土日)は三島町の一大イベント、『ふるさと会津工人まつり』でした。

 

f:id:okuaizumishimamachi:20190612164715j:plain

 

全国から手仕事の作り手さんたちが集まり、全国からそういうものが好きなお客さんが集まるイベント。今年で33回目を迎える歴史あるイベントです。

自分の気に入った、作り手の顔が見えたり物語りのあるものを少しずつ揃えていきたいと思っているので、私も楽しみなイベントです。

 

f:id:okuaizumishimamachi:20190612164822j:plain

 

素敵だなぁとうっとりするものばかりで、あれもこれもと欲張りたくなりますが、今回はお弁当箱を買いました。今まで適当なタッパーウェアだったので、これで毎日のお弁当が楽しくなりそうです。漆の塗り直しもしてくださるので、長くお付き合いできそうです。

 

f:id:okuaizumishimamachi:20190612150137j:plain

「めんぱ」という木のお弁当

 

工人まつり会場近くでは、『山と木の市場』という木にまつわるイベントも開催されており、そこでかんな削り体験をしてきました。この削りかすがあまりにいい匂いで、感動!防虫効果もあるようなので、箪笥に入れました。

 

f:id:okuaizumishimamachi:20190612152430j:plain

ヒバとヒノキ

 

この他に『てわっさの里まつり』も開催されており、この2日間はまさしく町を挙げての手仕事の祭典。

ここで毎年少しずつ、お気に入りの暮らしのものを集めていけたらなと思っています。

 

 

縄綯い

こちらの手仕事の基本、縄綯いを少しばかり習いました。

昔は藁で色んなものを作っていたので、縄ないは基本中の基本とのこと。それができないと嫁にも行けないとか。今の60代後半以上くらいの人たちまでは、幼い頃からみな家庭でやっていたようです。

 

脱穀し終わった稲を手で梳いて余計なものを落とし、綯いやすいように木棒でたたきます。

 

f:id:okuaizumishimamachi:20190523164828j:plain

 

下準備が整ったら、綯いはじめます。

見本を見せてもらいながら、言葉でも丁寧に説明してもらいながらやってみるのですが、これが難しい。できる人の手元は簡単そうに見え、するすると綯われた縄が伸びてゆくのですが、いざやってみると見事に綯われていかないのです。

 

f:id:okuaizumishimamachi:20190523164807j:plain

 

格闘すること一時間ほど、ようやく「あ、わかったかも」という瞬間が訪れ、コツがつかめた気がしました。綯った縄で道具を作るまでは遠い遠い道のり。

私にできたのは、これくらい。でも、本物の縄跳びです!

 

f:id:okuaizumishimamachi:20190531114258j:plain


昔の人はこれで、草鞋や雪靴、筵など生活で使うものを作っていたのだと想像するとただただ脱帽です。

 

草取り

我が家の周りの雑草と呼ばれる草を何とかするべく、ようやく重い腰を上げました。

人目に付く場所に住んでいるため、草取りをしなくてはと前々から思ってはいたのですが、除草剤は使いたくない、しかし草の勢いはすごい・・・尻込みしていました。

 

f:id:okuaizumishimamachi:20190603114121j:plain


しかし、近所の方から雑草に負けない、生えていて雑草とされない草や花を植えたらいいとアドバイスをもらい、グランドカバーになる植物を分けていただきました。そうなると俄然やる気が出て、せっせと草取りし、空いたところにグランドカバーを植えました。

家の三方が、ドクダミとスギナに覆いつくされていましたが、だいぶすっきり。

 

f:id:okuaizumishimamachi:20190603114250j:plain

 

あとはこの子たちが元気に増えていくのを願うのみ!

 

f:id:okuaizumishimamachi:20190603114424j:plain

 

草取りは無心になれるから、そして成果がわかりやすいから、やりだすと夢中になりますが、今回何より夢中になったのがドクダミ

 

f:id:okuaizumishimamachi:20190603115626j:plain

 

こんなにも生命力旺盛なドクダミを、ただただ抜いておしまいではもったいなくなり、ドクダミ茶はいかに作るのか調べると、化粧水もできるとわかり作ることにしました!

 

f:id:okuaizumishimamachi:20190603115715j:plain

 

ドクダミは万能選手のようで、色々使えそう。花も漬けると柑橘系のいいに匂いがするそうなので、一画残して花が咲くのを待つことにしました。

来年はスギナも生かしてあげられるようにしたいです。

 

プランター菜園

我が家のプランター菜園がぐんぐん成長しています。

5月の上旬は寒々しい感じだったミントは、今やプランターからあふれんばかりになってきました。

 

f:id:okuaizumishimamachi:20190531092708j:plain

 

f:id:okuaizumishimamachi:20190531092830j:plain

 

 

トマトとバジルも順調そうです。 

 

f:id:okuaizumishimamachi:20190531093356j:plain

 

自分で食べるものを自分で育てたい!

畑をするにはまだ至らないけれど、毎日植物の生長を見て、フレッシュなものをいただけるのは楽しいものです。

ジェノベーゼパスタに、カモミールミントティー、ひそかなブームです。

 

f:id:okuaizumishimamachi:20190531094554j:plain

 

しかし、恐るべきスピードで大きくなり増える雑草といわれる植物たちも、少し何とかしなくてはです。

 

おばあちゃんの桜

山の中のおばあちゃんは御年90歳。

お彼岸に帰ってきて、毎日畑仕事をしているようです。膝が痛くて昔ほどはできないと言っていますが、それでも、コゴミやわらびなどの山菜を採り、草をむしり、ジャガイモやカボチャ、夏野菜を植え、着々と畑仕事を進めています。

 

先日、おばあちゃんと美坂高原という場所に行ってきました。

f:id:okuaizumishimamachi:20190523161716j:plain

美坂高原

おばあちゃんは20年近く前までここで働いていました。辞める頃、一緒に働いていた仲間たちと、記念に桜の木を植えたそうです。その後訪れる機会がなく、毎年自分たちが植えた桜はどうなったのかと気になっていたそうです。

約20年ぶりに再会した桜は、見事に成長し、美しく咲いていました。

 

f:id:okuaizumishimamachi:20190523161202j:plain

八重桜


昔々、ここは集落の人たちの茅場(屋根を葺くための茅を採取する場所)で、片道5キロほどの道を歩いて来ていたそうです。また山菜採りの場所でもあったそうです。
そのうちにここは、サイクリングや釣り、バーベキューなどが楽しめるレクリエーションの場となり、多くの人でにぎわった時期もあったそうです。その頃、おばあちゃんはラベンダーのお世話などをしていたそうです。そして、今は訪れる人も少なくなり、静かになった美坂高原。

 

f:id:okuaizumishimamachi:20190527170742j:plain

 

おばあちゃんが子どもだった頃から考えると、ものすごい変化があったんだろうと思います。ここはおばあちゃんの、集落の人たちの、そして町の人たちの思い出がたくさん詰まった場所。思い出の桜を一緒に見ることができよかったです。

 

f:id:okuaizumishimamachi:20190528090516j:plain

 

歩んできた時間が違うから、感じ方はそれぞれ。きっとあの頃もよかったでしょうが、たくさんの人の思い出を抱えたたずむ今のこの感じも、私は好きだなと思います。

 

田植え体験

あちこちの田んぼに水が張られ、田植えシーズンを迎えました。

 

f:id:okuaizumishimamachi:20190523105134j:plain

 

先日、少しですが田植えのお手伝いをしてきました。福島県内外あちこちから色んな人が集まって、半日ほどを一緒に過ごしました。

 

f:id:okuaizumishimamachi:20190523104854j:plain

 

機械では植えられない隅の方をみんなで手植えしました。昔は家族総出で、すべて手植えだったと想像すると、ただただすごいなと思わずにはいられません。

 

f:id:okuaizumishimamachi:20190523102827j:plain

 

お米のほかに、マコモダケも植えました。昨年タケノコのようなマコモダケの美味しさに感動し、熱烈なファンになってしまったので、今回植えるのをお手伝いできとてもうれしかったです。

 

f:id:okuaizumishimamachi:20190523103842j:plain

 

田んぼには、大小のカエルに卵、トンボやアメンボ、ヒルなど色んな生き物がいて、子どものようにはしゃぎました。

お昼は山菜や天ぷらの手作りのおご馳走が並び、ピクニックランチ。

 

f:id:okuaizumishimamachi:20190523105457j:plain

 

はじめましての人もそうでない人も、大人も子どもわいわいがやがや、山の中の田んぼに集まったみなさんと、この日のひと時を共有でき楽しかったです。

 

f:id:okuaizumishimamachi:20190523131827j:image