奥会津三島町での日々

噛めば噛むほど美味しいスルメのような魅力を持つ奥会津三島町の暮らしや協力隊活動の様子を書いてゆきます。

移住者インタビューその17 

角田 信三さん(49歳)

静岡県静岡市出身。2019年度生活工芸アカデミーに参加。新規就農を目指して2020年度は、春から秋にカスミソウの栽培研修を受けました。来シーズンよりカスミソウ農家として独立予定。

f:id:okuaizumishimamachi:20210120112408j:plain

 

*生活工芸アカデミーとは

三島町に暮らしながら、山村地域の暮らし(農作業や、郷土食、伝統行事など)と編み組をはじめとするものづくりを1年かけて学べるプログラム。暮らしに必要な道具を、身近な自然素材を使って、自分たちの手で作る「ものづくり=生活工芸文化」が、三島町には色濃く残っています。詳しくは生活工芸館へお問い合わせください。

f:id:okuaizumishimamachi:20210118142224j:plain

編み組細工とは、ヒロロ、山ぶどう蔓、マタタビ蔓などを使って作られるかごやざる、バック製品などのこと

 

三島町では、隣の昭和村や柳津町とともにカスミソウ栽培が行われています。JA会津よつばかすみ草部会に所属する生産者が栽培するカスミソウは『昭和かすみ草』としてブランド化されており、夏秋期栽培における生産量、品質共に日本一を誇っています。

f:id:okuaizumishimamachi:20210120112259j:plain

宿根カスミソウ

 

生活工芸アカデミーに参加した理由

 両親ともに三島町の出身で、幼い頃から毎年夏と冬に祖父母を訪ねて三島町へ通っていました。祖父母はたばこ農家だったので、夏場は収穫などの手伝いをしたり、美坂高原に行って釣り堀で遊んだりしました。冬場は雪で大変だからと次第に行かなくなりましたが、寒さをしのぐために、足をこたつに入れて布団で寝ていたなということなどを、懐かしく思い出します。全てが楽しく、よき思い出だったので、その後空き家になっていた祖父母宅がずっと気になっており、いつか帰りたいと思っていました。ただ、「帰ってきても仕事はない」とも聞いていたので、帰るタイミングを見計らっていました。

 また、祖父母が農業をやっていたこともあり、学生時代には農作クラブに入ったり、その後もプランターで家庭菜園をしたりと、ずっと農業に興味があり、自分もいつか本格的にやってみたいと考えていました。

 そんなとき、「田舎暮らしの本」という雑誌で、三島町の生活工芸アカデミー生の募集を見つけ、「これはいい機会だ」と応募しました。三島町にはずっと通っていましたが、実は編み組のことは全く知らず、編み組というよりは米作りなどの農業を学び、今後につながればという思いで参加しました。

f:id:okuaizumishimamachi:20210118140306j:plain

田植え体験

生活工芸アカデミーについて

 アカデミー生時代は、受け入れ地区の方にもとてもよくしていただき、本当に楽しかったです。農作業についても地区の方に一から教わりました。アカデミー生の畑は女性寮の近くだったのですが、学んだことを個人的に借りた畑で自分で試してみたりもしました。

 ものづくりは好きで、多少したこともありましたが、まさか自分でも編み組ができるとは思いませんでした。編み組みはやってみるととても面白かったです。自然のものからできている、同じ作り手でも同じ作品は二つとしてないというのがいいなと思っています。また、山ぶどう蔓は丈夫で100年も使えると聞きますが、長く使えるというのも魅力の一つです。

f:id:okuaizumishimamachi:20210120112658j:plain

山ぶどう蔓のバック作り

 そして、例えばモワダという材はシナの木を切って水に漬け込み、腐らせてから皮を剥いで洗い、縄に綯って材としますが、そのような知恵の発見が毎回楽しく、昔の人はよく考えついたなと感動します。

f:id:okuaizumishimamachi:20210120112807j:plain

モワダ洗い

 自分で使うものを自分で作れたらと思うので、これからも続けていきたいと思っています。

 

カスミソウ栽培について

 卒業後に三島町で生活していくにあたって、色々な方に相談しました。せっかくここまで来たのだから、会社勤めではなく農業をしていけたらと考えていましたが、農業ではあまり収入は得られないとも聞きました。

 カスミソウ栽培は、「昭和かすみ草」としてブランド化されており、ポテンシャルの高さ、きちんとやれば生計が立てられるという手応えを感じました。春から秋のシーズン中は、土日関係なく朝から晩まで忙しいですが、11月以降翌年春までは作業がないので、ならせば年間休日120日になります。

 自分でどこまでできるかわかりませんが、来年50歳になることを考えると、これが最後のチャンス、やりたいことをやってみようと決意しました。「農業は楽ではない」「これから大変だぞ」とも言われていますが、好きなことをして大変ならばいいかと思っています。中には年収1000万円以上の人もいると聞くくらいなので、頑張った分だけ返ってくるというのは最大の魅力だと思います。

f:id:okuaizumishimamachi:20210120112946j:plain

染めカスミソウ

 役場の方々にも相談し、今年の4月から11月まで、地元のカスミソウ農家の下で研修を受けました。就農支援の補助制度を創設して助かりましたが、アカデミー生時代から計2年就労していないことになるので、資金面では厳しいのが正直なところです。そのため、冬場は除雪作業員をすることにしました。夜中の2時に起きる生活にはなかなか慣れず大変ですが、これまでとは違った人脈が広がり、知り合いも増えたのはよかったことです。

 また土地探しでは苦労しました。カスミソウ栽培ではビニールハウスを建てるための広い土地が必要です。農家になるには土地探しからということで、自分で一から探しましたが、めぼしい土地を見つけても、所有者確認のために法務局へ行ったりとずいぶん時間と手間がかかりました。地元の方に相談しながら、ようやく土地が確保できて一安心です。周りの方々の協力を得ながらも、自分から動いていかないと変わらないということを学んだ経験です。

f:id:okuaizumishimamachi:20210120113315j:plain

 

三島町の魅力

 どこへ行っても自然が豊かで、時間がゆっくり流れていると感じます。また、町内知らない人はいないくらい誰とでも知り合いで、町長さんや議員さんはじめ普段接しない人と話す機会も自然とあり、人と人との距離が近いのがいいところです。今年はコロナの影響もあり、地区の集まりなどがあまりなく少し寂しいですが、早く顔を合わせ、一緒に何かする機会が復活するといいなと思っています。

 カスミソウ栽培も、地域とのつながりもこれから。今年は余裕がなく家庭菜園は全くできませんでしたが、カスミソウ栽培が軌道に載ってきたら、自給自足とまではいかなくとも、自分で食べる作物は育て、冬はものづくりをしていけたらと思っています。

f:id:okuaizumishimamachi:20210120113352j:plain

    

インタビューを終えて

 三島町に「帰る」「帰ってきた」という言葉を使われていてたのが印象的で、幼い頃から通っていた三島町は、角田さんにとって帰るべき大事な場所だということが伝わってきましたが、そのように思える場所があり、実際に帰ってきたというのは素晴らしいことだなと思いました。そして、好きな場所で好きなことをやっていきたいとの想いで、新しいことに取り組まれている方のエネルギーは、前向きで暖かく、これからの可能性に満ちていて、聞いている方もわくわくします。カスミソウ栽培が軌道に乗り、理想の暮らしを一歩一歩実現されていといいなと心から思います。

 また、三島町に移住定住したいときにネックになる仕事問題に対して、角田さんのおっしゃるように、カスミソウ栽培にはこれからの可能性があり、移住定住の際の仕事の選択肢の一つの形になるのではないかと感じました。角田さんたち(今年度角田さんのほかにもう一人カスミソウの栽培研修を受け、来年度独立される方がいます)を皮切りに、今後につながるといいなと思います。

サイノカミ

1月15日は、五穀豊穣や無病息災、家内安全などを祈願する小正月の火祭り、サイノカミでした。

f:id:okuaizumishimamachi:20210118094812j:plain

 

私の住む地区では、昨年不幸が多かったということで、サイノカミは例年の1/2サイズに縮小し、通常は夜ですが、点火も日中のうちに行われました。

f:id:okuaizumishimamachi:20210118095728j:plain

 

サイノカミが燃え始めると、厄年の方がみかんを配ったり、お神酒がふるまわれたりします。

f:id:okuaizumishimamachi:20210118095758j:plain

 

火が上まで昇っていくと、巻き付けてあった藁が上から順々に開きはじめ、はらはらと舞い落ちます。その瞬間、集まった人たちの興奮も高まります。

今年はサイズが小さかったからか、うまく開かなかったようですが、その様子を地元の方が「火の花が開く」と言っていて、言い得て妙でした。

f:id:okuaizumishimamachi:20210118095813j:plain

 

全てが燃え落ちた後は、その熾火でお護符のお餅やスルメをあぶります。神聖な火にあたったお餅などを食べることで厄落としになるようです。

f:id:okuaizumishimamachi:20210118100604j:plain

 

短い時間したが、地域の方々と本物の火にあたりながらの気持ち新たまる、そして温まるひとときでした。

三島町のサイノカミは、町内18集落のうち10集落で行われており、地区ごとにそれぞれ特色があります。

f:id:okuaizumishimamachi:20210118101645j:plain

一昨年前に参加した地区のサイノカミ

町全体で保存されていることが評価され、平成20年に国指定の重要無形民俗文化財にも登録されています。

 

毎日寒い!

今年は冬らしい冬で寒く、これが雪国の冬かぁと毎日身に染みています。

築60年以上の我が家は、断熱材が入ってないので、室内でも吐く息は白く、朝は氷点下になることも。キッチンのお湯は凍結して出なくなり、水道管が破裂しないか毎日びくびくしています。

f:id:okuaizumishimamachi:20210114131111j:plain

この日はマイナス1.5度に

 

室内は、石油ストーブやヒーターを使うのでよく結露します。朝になると、結露は氷の結晶になり、窓一面を埋め尽くします。窓は凍って開けることができませんが、結晶は繊細で美しく、一つとして同じ模様はなく、見ていて飽きることがありません。

f:id:okuaizumishimamachi:20210114131443j:plain

一面バリバリと氷の結晶が張る


本格的な雪国暮らし一年目は、見るものすべて、経験するものすべてが初めてで、今のところ、つらいこともも困ったことも比較的面白がれています。

寒さはこれからが本番ですが、冬至から一カ月近くが経ち、陽が長くなってきたことで、気持ちもぐんと明るく軽くなり、身体も外へ飛び出したいとうずうずしています。 

先日は思い立って、裏の畑からスノーシューを履いて散歩をしてきました。

f:id:okuaizumishimamachi:20210114133701j:plain

 

農道が通っていますが、冬期間は除雪をしないため、道路も田んぼも一面雪の原。動物の足跡を追いかけて、家のすぐ裏でスノーシューができるなんて、とっても贅沢な環境です。

f:id:okuaizumishimamachi:20210114133802j:plain

 

 果たしていつまで今のようなフレッシュな気持ちでいられるかはわかりませんが、せっかくの冬、存分に楽しめたらと思っています。

 

雪国らしい冬

今年は雪国らしく雪が降る冬を迎えています。

一昨年は多少降りましたが、昨年はほとんど雪が降らない冬だったので、本格的な雪は今回が初めて。

 

f:id:okuaizumishimamachi:20210106094153j:plain

 

年末年始の寒波で、あたり一面すっぽり雪に包まれています。

見苦しいものはみんな雪の中に包まれ、代わりに今までは見えなかったものが見えるように!

 

f:id:okuaizumishimamachi:20210106092745j:plain

これはたぶん猫ですが…

 

夏の間も動物の気配はあり、目にすることもありましたが、このように家のすぐ脇を動物が通っているとことが目に見える形で残っているのは、何だか感慨深いです。

 

f:id:okuaizumishimamachi:20210106093521j:plain

これはカモシカと期待したいところ

 

雪景色は見ていて飽きることのない美しい景色。

窓の外を眺めるめるのも、外をちょっと歩くのも、心洗われる至福のひと時です。

 

f:id:okuaizumishimamachi:20210106090926j:plain

 

寒さは覚悟しなくては…ですが、今年は雪国らしい冬を満喫できそうで楽しみです。

 

雪中野菜掘り

先週は、毎日雪が降り雪国らしい寒い寒い日々でした。

今までは家の前の道路に消雪パイプが入っていて、雪が降る日は水の音が聞こえていたのですが、今はパイプがないので、しんとした朝を迎えています。

 

f:id:okuaizumishimamachi:20201221091843j:plain

 

1週間経ち、少しずつこの家での雪暮らしの勝手も見えてきましたが、ドサドサドサーと屋根から落ちる雪の音と振動にはまだ慣れず、毎回とびくっとします。

 

f:id:okuaizumishimamachi:20201221092657j:plain

屋根から落ちそうな雪


 週末の晴れ間に、雪の中に眠っている白菜と大根を堀りました。ひざ下まである雪の中をえっちらおっちら進み、いざ掘ろうと思っても、一面きれいに雪が覆いかぶさっているので、どこに野菜たちが眠っているのか…

 

f:id:okuaizumishimamachi:20201221093454j:plain

 

検討をつけてスコップで掘りますが、外れて野菜を傷つけてばかり…しかも、大根は土が固くて途中でボキッと折れるありさま…労力のわりに喜びがほとんどない収穫で、ほうれん草とブロッコリーは断念。

雪が降ったら、潔くあきらめるのも大切かもと思った時間でした。

 

f:id:okuaizumishimamachi:20201221094557j:plain

 

それでも、うちの中は寒いし、じっとしていると身体もなまるので、ぴりっとした空気の中、白い息を吐きながら身体を動かすとぽかぽかしていいものです。

 

 

すっぽり雪の中

14日から雪が降り続けて、里にも雪が積もりだしました。

15日朝、初雪景色にはしゃぎ、と同時に日増しに厳しくなる冷え込みにめげそうになりました。

 

f:id:okuaizumishimamachi:20201215085420j:plain

15日朝

 

16日朝、いよいよあたり一面すっぽり雪に包まれました。出勤前に除雪車が来ておらず、また倒木の影響で一瞬だけれど停電となり…

昨年も一昨年も少雪だったので、本格的な雪生活は未経験に近く、なおかつ今年は新しい生活環境で、勝手が見通せず終始そわそわおろおろ。

 

f:id:okuaizumishimamachi:20201217093656j:plain

16日朝

 

畑じまいもしていなかったので、白菜も大根もほうれん草もみんな雪の中。この子たちを早く救出したほうがいいのか、もうあきらめたほうがいいのか…

冬支度も寒さ対策も何となくはしていたけれど、今思えば「まだ大丈夫」とどこかで思っていてきちんとはしておらず、今になって「あれがない」「これが準備できていない」と焦っています。
 

f:id:okuaizumishimamachi:20201217093933j:plain

裏の畑 野菜は雪の下

 

また、昨年までは徒歩通勤、運転は限られたときだけだったので、たとえ数キロとはいえ、毎日雪道運転は、慣れず緊張します。毎日何十キロも雪道を運転している方々は何てすごいのでしょうと改めて思います。

 

f:id:okuaizumishimamachi:20201217095300j:plain


それでも、針葉樹に雪が積もる姿は愛らしく、童話の世界のようで、何度窓の外を見ても心ときめきます。

天気予報によると週末も大雪になるおそれとなっているので、できる備えをしておこうと思います。そして、無事に冬が越せますようにと願うばかりです。

移住者インタビューその16

田上 敏明さん(34歳)

埼玉県久喜市出身。2006年から写真撮影で会津地域へと通い始め、2013年頃からは三島町に足繁く通い、ちょうど令和の始まりとともに三島町へ移住。現在は会社勤めのかたわら、趣味の写真撮影や山歩きを満喫されています。

 

f:id:okuaizumishimamachi:20201214101447j:plain

 

三島町へ通うようになったいきさつ

 奥会津との出会いは、小学生の頃、列車の旅で只見線に乗車して訪れたのが初めてだったと記憶しています。その時のことはあまり覚えていないのですが、その後、夏の家族旅行で訪れた際には、夜の金山町でホタルの乱舞を見て感動したことが今でも心に残っています。久喜市では開発の影響によりホタルを見る機会がありませんでした。

 時を経て、2006年頃からいわゆる「撮り鉄」として、国鉄時代の車両を求めて会津地域へ通うようになりました。最初の頃は、年に一度のペースで紅葉の時期にSLなどのイベント列車を撮りに来ていました。

 そのうちに会津撮り鉄仲間ができ、只見線沿線に通う頻度が増え、2013年頃からは毎月第2、第4週の土日に観光協会からんころん内で営業される「みやした蕎麦と豆腐の会」のみなさんと出会い、当時売り出し始めたばかりの「アーチ三兄弟」が撮れるポイントを教えていただきました。また、その時に食べたそばがあまりに美味しく、そばの日の度にからんころんへ立ち寄るようになっていったので、地元の方とも顔なじみになり、いつしか写真撮影というよりは、地元の方々というか親戚に会いに行く感覚で通うようになっていきました。

 

f:id:okuaizumishimamachi:20201214101506j:plain

アーチ三兄弟(国道252号線、JR只見線、県道にかかる3つのアーチ橋)

 

 只見線は何といっても景色がよく、三島町だけでもよいポイントがたくさんあります。撮影の待ち時間などに周囲を見ながら、いい写真が撮れそうな場所の目星をつけ、あとで地形図を見て歩きやすそうなルートを探しながらポイントを開拓しています。そのため、道なき道を1時間以上藪漕ぎして不発に終わることもあれば、思った通りのポイントが見つかって大喜びすることもあり、さらに「今度はあっちへ行ってみよう」と次々と行きたい場所が見つかるので、撮影ポイントが増えすぎて回りきれないのが悩みの種です。ただ、車を停める場所がなかったり、道が整備されていないため、なかなか人に紹介できないのが現状です。今はきれいに整備されましたが、整備される以前から第一橋梁のポイントにも足繁く通っていました。

 

f:id:okuaizumishimamachi:20201214101622j:plain

三島町一番のビューポイント 第一只見川橋梁

  

 通い始めた頃は、只見線の列車を大きく入れて撮影していましたが、次第に「○○と只見線」といった感じで、列車を脇役にしてサイノカミ(無病息災、五穀豊穣を祈る小正月の伝統行事)や例大祭などの行事と列車を絡めたり、目を凝らして探さないと列車が見つからない様な写真ばかり撮るようになりました。

 

三島町へ移住した理由

 数年前からどこかに移住したいといった思いがあり、三島町の他にも移住先の候補は幾つかありました。ただ、自分は人見知りがあり、自分から人に話しかけるのが苦手な方なので、知らない土地で暮らすことには不安がありました。その点、三島町は通い続けただけあって地元の方々から話しかけてもらえる機会も増え、サイノカミなどの地元の行事に参加しても疎外感がなく、三島町へ移住する決心がつきました。

 会津の人の気風を表す言葉として「会津の三泣き」というものがありますが、自分にとっての一泣きはありませんでした。

*「会津の三泣き」とは

(一)初めて会津に来た人は、よそ者に対する会津人のとっつきにくさに泣き

(二)やがて会津での生活になれてくると、温かな心と人情に触れて泣き

(三)そして最後、会津を去るときには、離れがたくて三度目の涙を流す

 

f:id:okuaizumishimamachi:20201214101649j:plain

サイノカミと只見線

 

 移住してよかったこと

 移住前は写真撮影の都合で夜は季節を問わず車中泊、渋滞を避けるため深夜・早朝の時間帯に帰宅することが多かったので、その必要がなくなったのは何よりよかったことです。移住の意思を固めてから実行に移すまでの期間が短かったこともあり、転職先が決まるのは早かったですが、住居が決まるまでには色々なことがあったので、今は住宅問題も落ち着きホッとしているところです。移住したといっても、平日は町外に通勤しているため、町内の方と会うのは殆ど休日になるので、その点は移住前と大きく変わっていない感じがしています。

 移住したことによって、天気の状況次第で仕事前や帰宅前に写真を撮りに行ったり、休日も急に思い立って飯豊山など健脚向けの山に登ったりする機会が圧倒的に増えました。

 そのほかにも夏場にはアカショウビンキビタキオオルリといった野鳥の美しいさえずりを自宅からでも聴くことができて、天気のよい夜は満点の星空に天の川が肉眼でもわかるような環境での生活は、都会では体験できないとても贅沢なことだと思っています。

  また、「気になったことは自分の目で確かめたい」という思いがあり、地形図を見て気になっていた町内にある28箇所の三角点巡りを実行しました。(三角点とは三角測量の基準点で、地形図や国土地理院のホームページ「基準点成果等閲覧サービス」で確認することができ、閲覧サービスで確認できる28箇所を三角点巡りの対象としました。)基本的には自宅から歩いて回り、長いときは日の出前から日没過ぎまで30km以上歩くこともありました。三角点をすべて回るのにおよそ4ヶ月で200km近く歩きました。

 

f:id:okuaizumishimamachi:20201214101805j:plain

三角点

 

 歩くことによって車では行けない場所や見落としてしまうような発見も多々あり、楽しみが尽きません。観光資源としてよさそうな場所も幾つかありましたが、先ほどもお伝えした通り、整備されていない場所ばかりなのが勿体ないところです。

 以前の生活と比べ「近くにカメラ用品や登山用品などの大型専門店がない」、「夕方以降に外食できる場所が少ない」、「住民サービスなどで不便を感じる」ということはありますが、特に大きな問題でもないので、不便なことも含めて楽しく生活しています。

  気がかりなことといえば、冬の暮らしが心配です。昨シーズンは例年にない小雪で、本格的な雪の中での生活は経験できませんでした。通っている頃に大雪や背丈以上の雪壁に遭遇するようなこともありましたが、日常生活での雪となると勝手が違うので、雪に関する心配事が尽きません。逆に本格的な冬を乗り越えられたら長く住み続けられる自信に繋がるのではないかと思っています。近くに温泉もあるので、寒い日は特に助かっています。

 

f:id:okuaizumishimamachi:20201214101732j:plain

三坂山と博士山


 最後に只見線の車両が新しくなって、写真を撮る頻度が減った分、山歩きの機会が大幅に増えたこともあり、思ったより早く三角点巡りも終わってしまいましたが、町内で未踏の地域もまだまだ残っているので、今後も新たな発見を求めて町内様々な場所を歩き回ろうと思っています。もし長靴にリュック姿で歩きまわっている人を見かけたら、それはきっと自分だと思います。変わり者かもしれませんが怪しい者ではありませんので、どうか温かい目で見守ってやってください。

 

インタビューを終えて

 地元の方も移住者の方も、ここで暮らす方々は自分で楽しみを見つける技に長けていなと常日頃感じていますが、田上さんのお話は私が想像できる以上のことで、こんな楽しみ方もあるんだと新鮮な感動を覚えました。冒険の舞台というとアラスカや南極大陸などを思い浮かべますが、三角点巡りや藪漕ぎしながらのポイント開拓は、生活圏でも冒険できるという発想の転換につなががり、私の世界もふっと広がった気がします。そして、改めて三島町のポテンシャルの高さというか、懐の大きさを感じる時間でもありました。只見線から始まって、よりディープな世界へと進んでいく田上さんの冒険が、今度はどこへ向かうのか今後の展開が楽しみです。